満員御礼『2020 Re:animation 10th Anniversary Project KICK OFF PARTY』(2019.12.08)フォト&レポート

 

Vtuber、声優、アニソンクリエイター、アニメ×ダンスミュージック

 

巨大なスクリーンを背負うDJ、激しく明滅する色とりどりのライト、複雑に交錯して飛び交うレーザー…熱狂のフロアから早くも1週間が経ちました。去る12月8日、『2020 Re:animation 10th Anniversary Project KICK OFF PARTY』にたくさんのご来場いただきありがとうございました。500人収容の巨大なダンスホールはフルハウスとなり、この記念すべきイベントを成功裏に終えることができました。

 

【2020.03.28-03.29『Re:animation 14 in Uenohara』チケット先行受付中!出演:DJミライアカリ, 茅原実里, Lia, DJ 小宮有紗, DJ ずっfrom i☆Ris, 亜咲花, 岩崎琢 feat.Lotus Juice, 温泉むすめ ゆのはな選抜 and more!!】

 

改めて、リアニメーションのオーガナイザー、ちへこと杉本です。本ブログでは、当日の写真で熱かった1日を振り返りつつ、当日発表させていただいた2020年に向けたお知らせなどを改めて確認していきたいと思います。

 

この日の主役の1人は間違いなくVtuberのDJ ミライアカリさんだったでしょう。今年1月の『Re:animation 13 in ageHa』で誰もが驚いたDJデビュー、そしてバーチャル×ファッションを掲げた大型イベント『FAVRIC』でのオープニングDJを経て、確実に進化した姿を見せてくれました。

個人的に特筆すべきと感じたのは、これまでライブでもDJでも必ず演目に入っていたオリジナル曲「ミライトミライ」が今回はドロップされなかったこと(しかし、それによってファンの期待を裏切ることになってはいなかったこと)で、より”DJらしいDJ”としての成長を実感しました。

 

”DJらしいDJ”と言えば、中盤に出演してくれたDJ ずっ from i☆Risこと澁谷梓希さんのプレイも印象的でした。”声優DJ”と言えば、まさにアイドル的な「ぶちあげピークタイム!」となりそうなところを、恐らくこの日もっとも抑えめの楽曲から展開しながら、大団円的なハッピーなフロアに導いた堂々のプレイは、このジャンルに最も早い時期から取り組んできた彼女の堂々とした自信を感じさせてくれました。

DJ ミライアカリさんとDJ ずっ from i☆Risさんは次に紹介するAJURIKAさんと共に、来春開催する『Re:animation 14 in Uenohara』にも出演しますので、ぜひ2人の次なる進化を確認しにお越し下さい。きっと、また私たちを楽しませてくれるはずです。

 

今回、メインエリアとなったUNIVERSE FLOORには”リアニのこれまでとこれから”というテーマを持たせていました。長くなってきたこのイベントの歴史の中で、レジデントという形を取らず、しかし不可欠なキーマンとして長く関わってくれた人物が、AJURIKAさんです。

第4回にアイマスガールズさん(長谷川明子、平田宏美、若林直美)に出演いただいたことから縁が繋がり、第6回・第7回・第13回に出演、この日もプレイしてくれたイベントのアンセムも書き下ろして貰いました。

この日も、持ち味のハイスピードでハードなダンストラックを遠慮なく投下して、VJや照明とのマッチングも最高な”リアニらしい”時間を演出してくれました。

「知らない曲でも楽しい」

クラブの喜びに触れてくれた人が1人でもいたら嬉しく思います。

 

【2020.03.28-03.29『Re:animation 14 in Uenohara』チケット先行受付中!出演:DJミライアカリ, 茅原実里, Lia, DJ 小宮有紗, DJ ずっfrom i☆Ris, 亜咲花, 岩崎琢 feat.Lotus Juice, 温泉むすめ ゆのはな選抜 and more!!】

 

ド派手な演出のUNIVERSEと打って変わって、暗くて黒くてストイックなBar Meteoには、リアニのルーツであるアニメ「交響詩篇エウレカセブン」のファン有志で開催していたテクノ&ハウス系クラブイベント『GEKKO NIGHT』から初期リアニを支えたメンバーが集いました。

BPM130~140台のハードテクノはあの頃の私たちの遅れてきた青春でした。Vtuberや声優DJ、アニクラのDJさんたちに惹かれて足を運んでくれた方にも届いたでしょうか?

クラブの楽しさとは、フィジカルな、ある種の「意味わかんないけど気持ちいい」という感覚、感情で、その本質はアニソンでもボカロでもVtuberソングでも変わりません。もし、「リアニは他の同種のイベントとはちょっと違って特別」と感じていただいている人がいたら、それはつまりそういうことだと思います。

届くといいな。

 

螺旋階段を上ったCosmo Roomはストレートな”アニクラ”フロア。

最近、リアニを知ってくれた方にもお馴染みのDJさんが一番たくさん出演していたのはこのフロアだったのではないでしょうか。『「エウレカ」オフ会』,『「コードギアス」オフ会』,『「初音ミク」オフ会』,『「マクロスF」オフ会』,『アニゲのん!』,『こすのん!』,『らうまと』,『チャラ☆アニ』etc...『GEKKO NIGHT』から『Re:animation』へと続く中で、その時々で無数のパーティから色んな仲間が合流してくれました。或いは、リアニで出会った仲間と一緒に新たなパーティを立ち上げていきました。

これは、今のアニクラで起きていることの縮図で、だから私は誰かがどんどん新しいイベントを立ち上げていく状況を"乱立"とは思っていなくて、凄くポジティブに捉えています。

誰かが楽しいことを始めたら、明日のアニクラが今日より楽しくなっていく!

 

オーガナイザーが自画自賛するのもちょっと恥ずかしい話ですが、オープニングアクトを務めてくれたTEMPLIMEの2人から、BANBANBAN鮫島さん、DJシーザーさん、AZKiさん、個別に紹介した3名やMeteo & CosmoのDJさん、そしてトリを飾った銀星まで、ずっと熱気と笑顔に溢れた隙のないパーティで、久しぶりに心の底から音楽を楽しむことができました。

最後になりましたが、このイベントを最高の1日として完成させてくれたのは、毎回、初めて、或いは久しぶりに足を運んで下さった参加者の皆さんです。改めて、ご来場ありがとうございました!

 

新宿歌舞伎町の最新クラブから、リアニ第四章のスタートラインへ

 

最後にお知らせした通り、『2020 Re:animation 10th Anniversary Project KICK OFF PARTY』を持って、リアニメーションの法人化以来、取締役として一緒に運営の根幹となってくれた銀星がDJ活動に専念することになりました。会社設立直後には様々なドタバタがあるもので、特に事務的な作業が苦手な私にとって彼は無くてはならない存在でした。

これからは、1人のDJと1人のイベントオーガナイザーして協力して面白いシーンを作っていきたいと思っています。ミライアカリさんのDJ師匠でもあるように、アニクラ界随一のDJ技術の持ち主である彼の活躍に今後もぜひご期待&ご注目ください!

 

そしてもう1人、2010年12月23日に歌舞伎町で初めての屋外レイヴとして始まったアニメ×ダンスミュージックイベント『Re:animation -Rave In 新宿歌舞伎町-』から唯1人、連続出演を続けたspacetime(じくうさん)がこの日をもって、卒業して行きました。

その理由は既に本人のブログで存分に語られているのでそちらをご覧ください。また、近々、”会心の”プレイログも(たぶん解説付きで?)UPされるのではないかと思っているので、公開されたらそちらにもリンクしたいと思っています。

じくうさんとは学年が同じで、同じくらいの年齢からオタクとして育ってきて、しかしその環境もやってきたことはたぶん全然違う、なのに不思議と私が大事にしたいことは同じように大事にしてくれている(ともすると、私がそれを見失いかけた時でさえ彼が頑なに守り続けるくらいに)、最も信頼できるオタクです。

 

ちょっと脱線しちゃいますが、私はアニメオタクとして生きつつ、無類の音楽好きとして生きてきた若き日があり、中でもトレント・レズナーやブライアン・ワーナー、ドナルド・ウェイゲン、イアン・マクドナルドといったアーティストのことが大好きでした。

この人たちのバンドは本人を残してどんどん入れ替わってしまって、しかしバンドは息長く残り続けるという共通点があって、「なんでオリジナルメンバーと別れてしまうんだろう」と思っていましたが、今なら何となく分かる気がします。

きっと、リアニメーションが選ばなかった道の先にあったはずのもう1つのパーティを、じくうさんは作り続けてくれると思うので、それを楽しみに、できるだけ時間を作って遊びに行きたいです。

9年間、ありがとう。お疲れ様でした!

 

歌舞伎町再開発による中野への移転、中野駅前が手狭になり1度の歌舞伎町期間を経て郊外型のアニソンフェスの道へ…リアニメーションはおよそ3年おきに大きな変化を経験してきました。

今、私たちはまた大きな転換点を迎えています。その節目となる年末に、昔からの仲間も、オンタイムで力強く支えてくれている仲間も、そして今まさにこのイベントを知ってくれた仲間も揃って、始まりの街で素晴らしいパーティを開催できたことに、心より感謝します。

 

だから…

 

​2020年、10年目をノスタルジーではなく次のステージへの発射期間として全力全開で駆け抜ける覚悟が決まりました。第四章のリアニメーションにも、ぜひご期待ください!

 

【2020.03.28-03.29『Re:animation 14 in Uenohara』チケット先行受付中!出演:DJミライアカリ, 茅原実里, Lia, DJ 小宮有紗, DJ ずっfrom i☆Ris, 亜咲花, 岩崎琢 feat.Lotus Juice, 温泉むすめ ゆのはな選抜 and more!!】

 

『Re:animation 14 in Uenohara』LINE UP 第2弾>先着先行&ふるさと納税

 

さて、振り返りが長くなってしまいました。イベント中には2020年のリアニについてたくさんの発表をしました。もちろん、そのメインになったのは『Re:animation 14 in Uenohara』の最新情報!

…といっても、もうTwitterなどで散々告知していますが、改めて確認しますと!

 

LINE UP 第2弾

 

先着先行チケット発売開始

[イープラス]
・一般A(DAY1・DAY2・2DAYS)
・一般A+駐車場(DAY1・DAY2・2DAYS)
・オプション:レジャーシート&テントサイト(DAY1・DAY2・2DAYS)
・オプション:VIPエリア(DAY1・DAY2・2DAYS)
・オプション:出演者"推し"のぼり

※2019年12月15日 23:59まで!!(ブログUPした今日の夜中までです!!)

 

山梨県上野原市ふるさと納税

[楽天ふるさと納税]
・一般A(DAY1・DAY2・2DAYS)
・一般A+駐車場(DAY1・DAY2・2DAYS)
・オプション:レジャーシート&テントサイト(DAY1・DAY2・2DAYS)
・オプション:VIPエリア(DAY1・DAY2・2DAYS)
・オプション:出演者"推し"のぼり
・オリジナルグッズ

リアニメーション、まさかのふるさと納税になりました!!

 

出れんのか?!リアニ14!!~アニソンDJ公募コンテスト~

全国5会場でのイベント開催を通じて『リアニ14』に出演するDJを募集するコンテストイベントの開催が決定しました。各会場10名ずつの募集で、既に満席となった会場もあります。エントリー済のDJを通じてイベントの前売参加権(一般投票券+1票)を購入することもできます。

卒業するDJがいれば、当然新たな才能が現るのがシーンの面白いところ!どんなDJがエントリーしているのか、ぜひチェックしてみて下さい。もちろん、エントリーもお待ちしています!

[BitAmbassador]

 

クラウドファンディング予告

開催発表依頼、「今年はクラウドファンディングはしないんですか?!」と色んな方から質問されました。

やります!!クラウドファンディング!!​

リアニのクラウドファンディングはいつも"この楽しさをより多くの人に伝える"ことを目的にしています。今度のプロジェクトは「みんなの力でメディアジャック」!!

[To Be Annouced]
 

 

更にさらに!!!海外へ!!!スクールも開始?!

『リアニ14』以外にもリアニ2020年は様々な取り組みを行っていきます。まずは2つお知らせしました。

 

ANISON DJ ALLIANCE from Re:animation(上海)

今年6月に続き、2020年早々に再び上海でのイベントが決定しました!!

DJシーザーさん、BANBANBANのお2人に加えて、ゲストライブにハセガワダイスケさんと青木カレンさん、そしてなんとAKBグループのAKB48teamSHとの共演が決定!!

ちょっと遠いですが、お時間が許せばぜひお越し下さい!!

[BiliBiliチケット]

 

日本アニソンDJアカデミー開校記念無料セミナー

声優&ボーカルスクールを運営するレイズイン社と協力してアニソン&J-POPに特化したDJスクールを開校することになりました。最初の講師DJは、ミライアカリさんを始め声優やモデルへのたくさんの指導実績を持つ銀星です。

開校を記念した初心者向けの無料DJセミナーの開催が決定しました。

開催日程
[第1回] 2019年12月19日(木)19:00-21:00
[第2回] 2019年12月19日(木)19:00-21:00

リアニに遊びに来て「アレ?DJ楽しそうかも?」と思ったら参加してみてください!

[日本アニソンDJアカデミー]

 

以上、めちゃくちゃ長くなりましたが『2020 Re:animation 10th Anniversary Project KICK OFF PARTY』のフォト&レポートと、発表ごとの振り返りでした!!